菅井友香(欅坂46)の“処女論争”が激しさ増す? 「ド天然で強烈な女の子」役に注目集まる

欅坂46・菅井友香公式ブログ(2月17日付)より
 人気アイドルグループ・欅坂46の“ゆっかー”こと菅井友香が、3月26日に放送されたバラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にゲスト出演。異性の手をつないだのは握手会が初めてだったと明かした、「嘘でしょ!? そんなわけないって!」「ゆっかーの初めてを奪ったオトコが羨ましすぎる!」などと、ファンを騒然とさせる事態になった。

「菅井は女子校育ちのため異性との交際はなかったとのことですが、確かに2015年、19歳の時に欅坂46としてデビュー以降、恋愛スキャンダルは報じられたことはありません。それだけに『まさか処女?』『こんなかわいい子が、そんなわけないって!』と、ネット上では論争に発展。また、菅井といえば実家が東京にあり、軽井沢に別荘、幼少期から乗馬を嗜むなど生粋のお嬢様として知られるだけに、『本当に握手会が初めてだったのかもしれない』という声も一部にはあり、最初に握手した人物へ嫉妬心をたぎらせるファンが続出しているようですね」(芸能関係者)

 真偽はともかくアイドルとしてパーフェクトな返答をし、お笑いモンスター・明石家さんまを相手に、終始真面目な優等生キャラを崩さずにいた菅井。しかし、2月20日と21日にゲスト出演した舞台『漫画みたいにいかない。第2巻』では素の性格とは真逆の役柄に挑戦。その出演回の映像作品が6月に発売決定となっただけに、会場に足を運べなかったファンは期待を高めているようだ。

「菅井のブログによれば、同舞台で演じたキャラクターは、『ド天然で強烈な女の子』とのこと。また、先月4日に発売された情報誌『日経エンタテインメント!』(日経BP社)の連載コーナー『お嬢様はいつも真剣勝負』には、『普段の自分とは真逆で、会話が通じないくらいド天然でピンクのフリフリを着たYouTuberの女の子』と書いていますが、欅坂46の衣装は暗めの色が多いため、その特異なキャラクターも含めて、『ゆっかーのレアな姿を早く見たい!』『生で見られた人が羨ましい』などと、熱視線が集まっているようです」(同)

 菅井は昨年11月、坂道3グループが初共演した『ザンビ』で初舞台を踏んだが、今後は乃木坂46のメンバーがそうであるように、個人での女優業が増えてくるのかもしれない。欅坂46を引っ張るキャプテンとして、そしてソロでの活躍も楽しみだ。

菅井友香(欅坂46)の“処女論争”が激しさ増す? 「ド天然で強烈な女の子」役に注目集まるのページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!