ポケモンカードが31枚で700万円超え!! 超レアの「ガルーラ」はなんと1枚120万円


 4月9日放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)に「ポケモンカード」が登場。カード31枚に対し768万円という驚きの鑑定額がつき、ネットで話題を集めている。

 依頼人が持ってきたポケモンカードは、長男と共に日本各地で集めたという代物。大会の優勝者がもらえるプロモーションカードがほとんどで、一般流通はしていない非売品。思い出の品として取っておいたそうだが、友人から「プレミアが付いている」「再びブームが来ている」と聞いて、番組に鑑定を依頼したという。

 本人評価額は120万円だったが、鑑定の結果はその倍以上の768万円という金額。カードの鑑定をした、トレカ専門チェーン店MINT・三宮店店長の佐藤裕也氏は「すべてのカードが一般流通していないプロモーションカードで、その中でも発行数が少ない大変めずらしいもの」と説明。

 1998年の親子大会の賞品だった「ガルーラ」は、なんと1枚で120万円。それが4枚あるため、あわせて480万円となった。また、予選大会を勝ち進みハワイに招待された選手のみ入手できる「ラッキースタジアム」は1枚100万円。ほかにも、大会の優勝者がもらえる「勝利のオーブ」が50万円、「勝利のリング」が30万円という結果に。

 いつもは掛け軸や壺といった骨董品を見ている鑑定士たちもこの結果には目を丸くしていたが、ネットでも「夢があるなあ」「700万円超えはヤバイ!」「ガルーラ1枚で車が買えるのか……」といった驚きの声が多数上がることに。

 また、番組に影響されてなのか、プロモーションカードではないノーマルカードの「ガルーラ」がメルカリに大量出品されている状態だ。

“再ブーム”が訪れている「ポケモンカード」。いわゆる“初期カード”については、1枚数千~数万円の買取値段が付くカードもあるので、かつてハマっていたという人は押入れの奥から引きずり出してみてはどうだろうか。

ポケモンカードが31枚で700万円超え!! 超レアの「ガルーラ」はなんと1枚120万円のページです。おたぽるは、騒動・話題ゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!