『ちびまる子ちゃん』まる子が久々にクズすぎる!? かみしばい屋で豪遊する“ブラックまる子”が話題

 4月7日放送のTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)では、まる子がいつにも増してブラックな一面を見せ話題に。今回もネット上で大反響が起こっていたので、ネット民の声と共に内容を紹介していこう。

 話題のエピソードは『まる子、かみしばい屋で浪費する』の巻。この日の放送から『ちびまる子ちゃん』は「10週連続さくらももこ原作祭り」がスタート。人気の高い10作品を、新規作画・演出で放送していくという。この話でまる子は“かみしばい屋”のお菓子にドハマり。「かみしばい屋になって、毎日お菓子を食べて生きていきたいんだよ」と将来の目標にするほど、かみしばい屋のお菓子が大好きなようだ。

 おこづかいが少なく、思ったように豪遊できないまる子だったが、ある日全財産の260円をかみしばい屋につぎ込んでしまう。当然まる子の浪費はすぐお母さんにバレ、“お小遣いなし”の危機が。まる子は泣き落としで見事説得に成功するも、お姉ちゃんが「お母さん、騙されちゃだめだよ」と助言し、結局お小遣いなしになってしまった。

 そんな中で視界に飛び込んできたのは、お姉ちゃんの漫画雑誌。これを見たまる子は「確か冬田さんがまだ買ってないって言ってたな」「これを150円で売っちゃおう。お姉ちゃんのだけどいいや」「ゲヘヘ。私の作戦を失敗させた罰だよ」と悪だくみを思いつく。翌日まる子は、見事学校で冬田さんに雑誌を売りつけることに成功。「今日もかみしばい屋でお菓子買えるよ」とご満悦で、友人のたまちゃんに「奢ってあげるよ」と胸を張っていた。

 姉の漫画を売ってまでかみしばい屋へ通い詰めるまる子に、視聴者からは「今日のまる子は久々にクズだな」「なんか最近いい話が多かったから忘れてたけど、やっぱりまるちゃん結構ゲスいよね」「ブラックまるちゃんの方が原作っぽくて好き」との声が。ちなみに雑誌にはお姉ちゃんが一条ゆかり先生へ宛てた“お悩み相談”の手紙が挟まっており、冬田さんが家まで帰しにきて悪事が発覚。まる子は雑誌の売買がバレ、お姉ちゃんは手紙を他人に見られてしまうという誰も幸せにならないオチで終了している。

 また物語本編だけでなく、今回はオープニングも話題に。ももいろクローバーZが「おどるポンポコリン」を歌う新しいオープニングになっており、「曲がももクロにぴったり過ぎる!」「アニメーションになったももクロちゃんがかわいい」「昔のオープニングのオマージュみたいなところもあって良い」と絶賛の声が相次いでいた。

 新OPのお披露目と共に、原点回帰ともいえるブラックまる子を前面に押し出した今回のエピソード。2020年1月のアニメ化30周年記念まで、どのようなエピソードが描かれていくのだろうか。

『ちびまる子ちゃん』まる子が久々にクズすぎる!? かみしばい屋で豪遊する“ブラックまる子”が話題のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
素人のWEB小説が原作とかじゃないよね…?
今はじめれば1日1回10連ガチャ無料!