『クレヨンしんちゃん』に「ピエール(CV.杉田智和)」が登場 “あのタイミング”で思わず反応してしまう視聴者続出

『クレヨンしんちゃん』に「ピエール(CV.杉田智和)」が登場 あのタイミングで思わず反応してしまう視聴者続出の画像1
テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」公式サイトより

 アニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)が4月5日に放送された。この日放送されたのは、「シロと箱だゾ」「トレビあ~んだゾ」の2本。その中でもより視聴者からの注目が集まったのは「トレビあ~んだゾ」だった。

 この度、春日部にワッフルのお店がオープンした。だが店は閑古鳥が鳴くような状況で、店主のピエールはいじけモードで「この街のやつらはなんでミーの味を分かってくれないの」と愚痴を呟いていた。

 そこに現れたのは、ピエールの妻で店員の矢木子に惹かれてやって来たしんのすけ。元々はフランスのケーキ職人だったピエールはプライドの高さゆえ、しんのすけを無碍に扱うが、一方のしんのすけはピエールに媚びて、ワッフルをごちそうしてもらおうとする。そんなところに風間くんも偶然合流。「本場パリのパティシエが作るワッフル、とってもおいしいですよ」と宣伝する矢木子に「ワッフルの本場はベルギーですよ? それにフランスではワッフルのことを『ゴーフル』って呼んでいるはずです」と指摘し、ピエールの反感を買っていた。

 すると、みさえとひまわりも登場し、しんのすけが「風間くんがワッフル食べたいって」とおねだり。ワッフルを3人で食べることになった。いざ食べると3人とも「おいしー!」と口を揃えて絶賛していたものの、風間くんが「でも……何か物足りないような」と言ったのをきっかけに、みさえもしんのすけも味に首をかしげることに。それを聞いたピエールは「やっぱりこんなやつらにミーの味は分からないんだ。パリに帰る」とさらにいじけてしまう。しかし、そんなピエールに矢木子の怒りが爆発。「あなたはいつも上から目線でお客さまのことを考えてない! その気持ちがワッフルに入っちゃったのよ!」と叱責する展開になった。

 叱られたピエールはその言葉で初心を取り戻し、「これはミーの味じゃない! 俺が間違ってた! だから客が来なかったんだ!」と反省すると、その様子を見ていたしんのすけが「つぶあん、こしあん、トレビあ~ん」とおふざけ。さらにひまわりが「たいや! たいや!」と声を上げたことで、矢木子が「パリ風たいやき屋」への変更をひらめき、お店を変え、見事繁盛することに成功したのだった――。

 ほっこりするストーリーになっていたが、この日は奇しくもコカインの使用容疑で麻薬取締法違反の罪で起訴されていたミュージシャンで俳優のピエール瀧が釈放された日。店主の名前もピエールで、同じ“ピエール”つながりとなってしまったこともあり、ネットからは「このタイミングでピエールって(笑)」「まさかのピエールが出てきてしまった!」「ピエールって名前は狙ってたのか!?」という声も集まってしまった。

 まったく偶然の出来事だが、現実と微妙なリンクをしてしまっただけに、思わず反応してしまった人も多いよう。なお、ピエールの声は声優の杉田智和が演じており、「クレしんに杉田智和が出てて笑った」「クレしんで杉田智和のお声が聴けるなんて..」という声も上がっていた。

(福田マリ/ライター)

『クレヨンしんちゃん』に「ピエール(CV.杉田智和)」が登場 “あのタイミング”で思わず反応してしまう視聴者続出のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
ファビュラスの意味って何??
ルパン三世は永遠だよ!