“繋がり”は挨拶も含まれる!? NGT48で12名のメンバーがファンと繋がっていたと発覚

繋がりは挨拶も含まれる!? NGT48で12名のメンバーがファンと繋がっていたと発覚の画像1
NGT48公式サイトより

 NGT48の山口真帆さんが昨年12月に暴行被害を受けた事件について、NGT48を運営するAKSが21日、事件に関する第三者委員会の調査報告書を公表。山口さんの証言をおおむね認定したが、メンバーの事件自体への関与は否定した。

 報告書では、山口さんが帰宅時にマイクロバスを利用していることをメンバーの1人がファンに教えたこと、また事件当日に山口さんが被疑者の男性を問い詰めた際、被疑者が「こうすればまほほん(山口さん)と話せるよ」と言い、複数メンバーの名前を挙げたことを認めた。しかし、調査の結果、メンバーと被疑者との間で何らかの共謀をして関与した事実はなかったと判断している。

 この報告書では、一部のメンバーの「私的領域におけるファンとの接触」、いわゆる“繋がり”についても言及。調査の中で噂レベルではなく、「具体的な事実」として垣間見ることができたとし、メンバーからの事情聴取の結果、確たる証拠はないものの、ファンと繋がりを持つメンバーとして、12名の名前が挙がったという。おまけに“繋がり”の存在は、前支配人である今村悦朗氏も一定の範囲で認知していたというが、繋がりに対する具体的な処分規定が存在していないため、積極的に調査や対応を行わなかったと記載されている。

 この報告書を受けて、ネットでは「36人中12人がファンと繋がっていたとか異常」「オタクと繋がりがあるメンバーが12人もいるグループを本当に応援したくなると思うか?」「地下アイドルのほうがちゃんとしている」という怒りの声が上がっている状態だ。

 また、22日行われた第三者委員会の報告会見では、AKSの運営責任者兼取締役・松村匠氏が“繋がり”について「会社としては特定のファンを優遇する行為として不適切だと考えている」としたものの、「(繋がりは)道端で挨拶を交わすということもその範疇に含まれている」とコメント。「ファンサービスと繋がりの線引きが非常に難しい」ため、即刻処分はしないとした。

 これにネットでは「NGTは完全に終わった」「大半のドルヲタの認識だと繋がり=プライベートでの関係で挨拶は含まれないはずなんだが……」「ふざけたこと言うな」ともはや呆れる声が上がっている。

 会見中、リアルタイムで反論ツイートを連投していた山口さんもこの発言には「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です」と怒りをあらわにした。加えて、「他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と暴露している。

 アイドル界隈における“繋がり”とは、一般的には「アイドル」と「ファン」の一線を超えて、プライベートでの交流ないしは関係を持つといった行為などを指す言葉。繋がりがバレた結果、グループを解雇・脱退されたアイドルも少なくはない。

“繋がり”を容認しているグループとも言われているNGT48に未来はあるのだろうか。

“繋がり”は挨拶も含まれる!? NGT48で12名のメンバーがファンと繋がっていたと発覚のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

京アニ…心配です。
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!