日向坂46の握手会に“リトルトゥース”が流入 オードリー・若林正恭のガールズバー通いの成果に驚きの声も

日向坂46の握手会にリトルトゥースが流入 オードリー・若林正恭のガールズバー通いの成果に驚きの声もの画像1
テレビ東京公式サイトより

 16日、人気アイドルグループ・日向坂46の佐々木久美がブログを更新。冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京系)での共演によって、「たくさんのリトルトゥースさんがいらっしゃって、とても嬉しいです!」と、MCを務めるオードリー(春日俊彰&若林正恭)のファンが握手会に訪れていることを報告した。その一方、日向坂46ファンの中にもオードリーに興味を持ち出したファンもいるようで、お互いにとって大きな相乗効果を生んでいるようだ。

 なお“リトルトゥース”とは春日の持ちギャグ・トゥースにちなんで名づけられた、ラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のリスナーのことを指し、アメリカの人気歌手・レディー・ガガのファンが“リトルモンスター”と呼ばれていることに由来する。

「佐々木は今月2日に開催された、同ラジオ番組の10周年記念イベントを観覧し、『こんなに素敵な方々に私たちってMCをしていただいてて、改めて凄すぎることだなと思います』と報告。『にわかリトルトゥース』になったことを表明しましたが、昨年4月に『ひらがな推し』がスタートして以来、オードリーに興味を抱く“リトル日向坂46”も着実に増えているようですね。今月27日には単独シングルのリリースが決まるなど、良い流れを引き寄せていることも含め、MCにオードリーを抜擢したキャスティングを、評価する日向坂46ファンも多いようです」(芸能関係者)

 番組内では楽しくやりとりするものの、昨年11月に放送された回では、休憩時間にまったく喋りかけてくれないことをメンバーから指摘され、証拠映像までさらされてしまったオードリー。しかし、今月10日深夜放送回では、カメラが回っていない時も若林が喋りかけてくれるようになったと井口眞緒が報告し、リトルトゥースを驚かせることとなった。

「若林といえば、『社会人大学人見知り学部 卒業見込』(KADOKAWA/メディアファクトリー)というタイトルを自著につけるなど、以前は人見知り&女性が苦手だと公言していたのですが、ガールズバー通いによって“菊地亜美をいじり倒せる”までに成長。しかし、『ひらがな推し』の本番前の映像を見たファンからは、『キラキラした現役アイドルに対しては無効なのかな?』といった声が寄せられていました。ところが最近は、井口いわく改善されたとのことで、『ガールズバーって凄いんだな』『南沢奈央との熱愛を認めた時と同じぐらいの衝撃』と驚きの声が飛び交うことに。また、井口のブログによれば春日とも休憩中に話すようになったとのことで、コミュニケーションが増すことにより、今後さらに番組が盛り上がることになりそうです」(同)

 番組のオープニングでは毎回、春日が「チュドーン」と爆発音を発してから咳込む、というギャグが定番に。来月から2年目に突入し、リトルチュドーンをますます楽しませる企画挑戦に期待したい。

日向坂46の握手会に“リトルトゥース”が流入 オードリー・若林正恭のガールズバー通いの成果に驚きの声ものページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

漫画村の問題はみんなで考えていかないといけない
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!