『ポケットモンスター サン&ムーン』で『プリキュア』パロディ!? 変身シーンが気合い入りすぎ!

『ポケットモンスター サン&ムーン』で『プリキュア』パロディ!? 変身シーンが気合い入りすぎ!の画像1
テレビ東京「ポケットモンスター サン&ムーン」公式サイトより

 アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』(テレビ東京系)で第113話「新番組!?小さなコイキングのメロディ」が17日に放送された。

 この日は、テレビ局のクイズ番組にマーマネが出演するということで、サトシたちは応援に。マーマネは惜しくも敗れてしまったが、サトシたちは人気ドラマ『アローラ探偵ラキ』のプロデューサーと再会。天才子役のコイキング「コイちゃん」が出演する、全アローラが泣いたと言われた超名作ドラマ『小さなコイキングのメロディ』の撮影現場を見学させてもらうことになった。

 コイちゃんは高くて可愛らしい声と泣きの演技で人気を博してきた子役。おまけに回転しながら跳ねることもできるのだが、この日の撮影では、謎の発光をしながら「コイコイコーイ」の声が野太くなってしまう状態に。この姿を見た視聴者からは「進化フラグ来た……!」「ギャラドスになっちゃうの!?」という声が続出。サトシたちが戸惑う中、マネージャーがコイちゃんを休憩させる展開になった。

 コイちゃんの思わぬトラブルに加え、撮影予定のドラマに主演する女優がシンオウ地方でユキノオーとユキメノコの喧嘩に巻き込まれて飛行機が飛ばず、撮影に間に合わないというハプニングも発生。その報告を受けたプロデューサーはなぜかニヤリ。マオ、リーリエ、スイレンに目をつけると、シェイミ、シロン、ナギサと共にヒロインに大抜擢。リーリエは最初戸惑っていたものの、2人の熱意にリーリエも後押しされる形で出演を快諾。3人はさっそくリハーサルのために稽古場へ向かうことになった。

 一方、男性陣は休憩後も声が治らないコイちゃんを見守っていたが、視聴者の予想通りギャラドスに進化してしまう。コイちゃんはショックで動揺し、暴走しながらその場から逃亡。さまざまな撮影現場を吹っ飛ばしていき、最終的にマオ、リーリエ、スイレンの出演作『サンサン3人はアローラドリンキュン』のリハーサル現場に突入。プロデューサーの前でコイちゃんは独特の跳ね方を見せると、プロデューサーはにっこり笑い、「コイちゃんだろ?」と受け入れ、コイちゃんにもドラマの出演をお願いすることになった。

 例の『サンサン3人はアローラドリンキュン』は、ヒロインたちがドリンクを飲むと変身し、敵と戦うというもの。コイちゃん演じる「ギャラドスデビル」が現れると、3人はプリキュア風の美少女戦士に変身。変身シーンの演出もかなり気合が入っており、「これはプリキュア……!」「日曜夜もプリキュアが見られるとは(笑)」「ポケモンのアニメを観てたと思ったらプリキュアを観ていた」という驚きの声が上がっていた。

 放送後、視聴者からは、「このドラマ、別枠で放送してほしいなー!」「プロデューサーの有能ぶりにちょっと感動した!」「こういう緩いノリってアニポケからこそだなーさすが!」といった絶賛の声が寄せられていた。

(福田マリ/ライター)

『ポケットモンスター サン&ムーン』で『プリキュア』パロディ!? 変身シーンが気合い入りすぎ!のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
『ランドストーカー』だけでも買いだよ!
『子連れ狼』まで……