欅坂46の最年少・山崎天の暴走に1期生が“子守り”疲れ? 平手友梨奈の不在を惜しむ声も

欅坂46公式サイトより
 人気アイドルグループ・欅坂46に昨年11月に加入した2期生の山崎天(※本来、「崎」は右上が立)が、2月17日深夜放送の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)のスタジオへ初登場。先輩メンバーを巻き込んでのダンスを披露しインパクトを残した。

 昨夏、乃木坂46・欅坂46・日向坂46(旧・けやき坂46)の坂道3グループが合同でオーディションを行い、欅坂46には9名が2期生として加入。同番組では前週から2週にわたり、新メンバー各自の自己紹介VTR&スタジオ初登場の様子が流れ、山崎はトリを務めた。

「欅坂46のみならず、坂道グループ全体でも歴代最年少となる13歳3カ月での加入が話題になった山崎ですが、初めてとは思えないほど堂々とした様子でスタジオに登場。大好きだというお笑いコンビ・ジュリエッタのリズムネタを披露することになった際には、『何回もやりましょう』とリピートを要求し、画面には『末っ子の暴走』というテロップが流れました。さらに、激しめのダンスを終えた1期生たちの疲れ切った姿に『子守り疲れ?』とのコピーも貼られましたが、『末っ子がお姉さんたちを掻き乱す感じがおもしろい』『バラエティー感が増した』などとファンには好評だったようですね」(芸能関係者)

 早くも“センター・デビュー”を果たした山崎だが、オーディション時に語っていた、“てち”こと平手友梨奈とのWセンターは実現せず、ファンからは惜しむ声が寄せられた。

「平手はここ最近、同番組への出演がなく、今回も欠席だったため残念ながら共演は実現しませんでした。2月27日発売の8thシングル『黒い羊』(Sony Records)に関しても、山﨑だけでなく2期生の楽曲参加はありませんが、プロデューサーの秋元康は予定調和を嫌う傾向があるため、『てちとは毛色の違う天ちゃんを大抜擢する可能性は高いのでは?』『楽曲自体も今までとはまったく違う方向性になるかもしれない』などと、次世代のエース候補に熱視線が注がれているようです」(同)

 昨年12月10日に行われた初お披露目イベントでは、「山崎天の“天(てん)”は頂点の“てん”。欅坂46をアイドル界の頂点に導きます!」と宣言した山崎。同じく秋元プロデュースであるAKB48や乃木坂46と肩を並べるまでのグループへと導くことができるか注目したい。

欅坂46の最年少・山崎天の暴走に1期生が“子守り”疲れ? 平手友梨奈の不在を惜しむ声ものページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
美少女ゲーム業界はどうなっちゃうの?
『翔んで埼玉』観た?