『クレヨンしんちゃん』ネネちゃんママに同情の声が殺到したワケ「さすがに可哀想」

テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」公式サイトより

 アニメ『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)が2月15日に放送され、「お風呂を楽しむゾ」と「いちごをおいしく食べたいゾ」の2本立てとなっていた。

「いちごをおいしく食べたいゾ」では、ネネちゃんママ回に。カスカベ防衛隊のパトロール中、ネネちゃんの発案でネネちゃんの家に寄ることになった一同だったが、ネネちゃんママは大警戒。天敵扱いしている「じゃがいも小僧」ことしんのすけの来訪にげんなりしつつ、おやつに親戚からもらったといういちごを出していた。

 すると、しんのすけが風間くんとネネちゃんのいちごの数が多いことを目ざとく指摘し、追及にうんざりした2人がしんのすけとボーちゃんのお皿に多いいちごを渡すとマサオくんが「僕だけ4個のまま!」号泣。ネネちゃんがママに追加でいちごをもらってくることに。「しんちゃんが言わなかったら誰も気づかなかったのよ」というネネちゃんの言葉に、ネネちゃんママはこっそりと殴られウサギを取り出していた――。

 その後もしんのすけはいちごの大きさや形がそれぞれ違うことを指摘し、ネネちゃんままに偏りなく同じにしてもらうことに。ママは殴られウサギに八つ当たりしつつ完璧に仕事をこなしてみせたものの、マサオくんが「僕、牛乳とお砂糖かけて食べたいな」と言い出し、ボーちゃん以外がいちごを潰していちご牛乳にする食べ方を「してみたい!」と大盛り上がりし、ネネちゃんママは「さんざんいちご揃えさせておいて今後は潰すんかい」とどん引き。ボーちゃんは塩をかけて食べることになった。

 しかし、ネネちゃんママがいちごを探すために出してくれたのは普通のスプーン。マサオくんが「これじゃ駄目なんだよー!」と怒り狂い、イチゴスプーンを探してもらうことに。しかし、ネネちゃんママはいちごスプーンをどこにしまったか分からなくなり、右往左往。長すぎる待ち時間に耐えられなくなった一同はつるつると滑る普通のスプーンでいちごを潰し始めてしまうという事態になった。

 結局、ネネちゃんママがようやくイチゴスプーンを見つけたときには牛乳をテーブルのいろんなところに飛ばしながら一同がいちご牛乳を食べ終えたあと。ネネちゃんママはキッチンの隅で殴られうさぎを殴るのだった――。

 この日の放送に視聴者からは、「さすがにネネママに同情したわ……」「これは怒るのも無理ない!」「子どもでもこんなことされたら家に上げたくなくなるの分かる」という声が殺到。珍しくネネちゃんママに同情が集まる回となった。

(福田マリ/ライター)

『クレヨンしんちゃん』ネネちゃんママに同情の声が殺到したワケ「さすがに可哀想」のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!