齋藤飛鳥(乃木坂46)、“恐怖のバスケ”姿にファン爆笑 “5年目のデキる先輩OL”姿には絶賛の嵐

テレビ愛知『乃木坂工事中』公式サイトより
 人気アイドルグループ・乃木坂46の“あしゅ”こと齋藤飛鳥が、1月27日深夜に放送された冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)でバスケに挑戦。ポンコツぶりを披露し、ファンの爆笑を誘った。

 この日の放送は、昨年11月末に加入した4期生メンバーを先輩たちがプレゼンする企画が行われ、齋藤は3期生・梅澤美波とともに金川紗耶を紹介。金川が特技とするバスケの相手役を買って出た。

「以前、同番組で運動音痴のメンバーを決める企画を行った際、人生で初めてバスケに挑戦した齋藤。バナナマンの設楽統いわく、“スピードスケート・小平奈緒選手のスタート時のような構え”から勢いよくドリブル開始。ところが、あらぬ方向に進んでいってしまう姿に“恐怖映像”のテロップが貼られ、自身も『怖い』と発言する一幕があったのですが、今回もセンスのなさは健在でしたね(笑)。『恐怖のバスケ再び』とファンたちも大喜びでしたが、齋藤はグループ内でトップクラスのダンス力を誇ると評判なだけに、『まるで別人みたい』と驚きの声を挙げるファンもネット上にいたようです」(芸能関係者)

 バスケでは後輩たちに格好いいところを見せられなかった齋藤だが、先月28日発売の女性ファッション誌「with」(講談社)ではスタイリッシュな“先輩OL”姿を披露し、ファンから絶賛の声が相次いだ。

「同誌では『乃木坂OLプロジェクト』と題し、メンバーがOLコーデを披露する企画が不定期連載されています。第6弾にあたる今回は齋藤が5年目の先輩、梅澤が2年目の後輩役として登場。齋藤は、『デキる先輩感の中にさりげないオシャレで大人の余裕を』というテーマのもと、露出控えめなロングスカートやパンツ・スタイルで落ち着いた雰囲気を醸しだし、『こんな美女がいたら仕事が手につかない』『逆にやる気がみなぎっちゃう』などと、ファンからは称賛の声が相次ぎました」(同)

 1期生としてデビューした当時は13歳だった齋藤も今年で新成人、乃木坂46内では中堅どころとなった。次世代のエースから真のエースへと成長を遂げ、グループの牽引役として注目度は増すばかりだ。

齋藤飛鳥(乃木坂46)、“恐怖のバスケ”姿にファン爆笑 “5年目のデキる先輩OL”姿には絶賛の嵐のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
美少女ゲーム業界はどうなっちゃうの?
『翔んで埼玉』観た?