“災厄世界系”ノベルADV『最悪なる災厄人間に捧ぐ』スマホゲーム化で新規ファン急増中!?

災厄世界系ノベルADV『最悪なる災厄人間に捧ぐ』スマホゲーム化で新規ファン急増中!?の画像1
『最悪なる災厄人間に捧ぐ』公式サイトより

 1月24日にケムコは、人気アドベンチャーゲーム『最悪なる災厄人間に捧ぐ』のスマホアプリ版をリリース。初めて“さささぐ”の世界観に触れたユーザーからは、「色々と心をぶっ壊されたけどマジで名作!」と絶賛の声が上がっている。

『最悪なる災厄人間に捧ぐ』は、昨年「Nintendo Switch」と「PlayStation 4」でリリースされ話題になった、限りなく透明で残酷な“災厄世界系”ノベルADV。「週刊ファミ通」(Gzブレイン)のクロスレビューでは40点中“31点”という高得点をマークし、シルバー殿堂入りを果たした。

 ゲームの主人公は、“透明人間”しか見えない少年・豹馬。そしてヒロインは“透明人間”のクロで、2人は互いの孤独を埋めるため寄り添って生きていく。物語の設定上、主人公以外の登場人物はほとんどクロだけなのだが、同作には“パラレルワールド”の要素があり、さまざまな特徴のクロが登場する。例えば“みー”と呼ばれるクロは幼少期に豹馬から「みそソフトクリーム」をもらった世界のクロで、ボーイッシュな性格をしている。

 平穏を望む2人に、ある日世界を滅ぼす“災厄”が……。いわゆる“セカイ系”と呼ばれるジャンルに近いもので、シナリオ・イラストは新進気鋭のクリエイター“R”が手掛けた。ちなみに同氏のデビュー作『一緒に行きましょう 逝きましょう 生きましょう』は、「Google Play」で5点満点中4.9点、App Storeでも同じく4.9点という高い評価を記録。シナリオライターとして注目を集めている。

『最悪なる災厄人間に捧ぐ』のスマホ版がリリースされ、より広い層がプレイすることに。新規ユーザーからは、「伏線の回収が鮮やかで驚かされた」「クロちゃんが健気すぎる」「いい話だけどかなり怖かった」「まごうことなく神ゲー」と絶賛の声が相次いでいた。

 また既存のファンからも、「Switchでプレイしたけどダウンロードした」「Switch版、PS4版を合わせて3週目の“さささぐ”に突入」「そこにクロがいるなら何回プレイしててもクロに会いにいくよなぁ!」といった声が。また「スマホ版が出たから友人におススメしといた」と“布教”をする人も少なくない。

 スマホゲームになり、よりクロと会いやすくなった『最悪なる災厄人間に捧ぐ』。これからプレイする人は、ネタバレをシャットアウトし、強い心を持って最後まで楽しんでいただきたい。

“災厄世界系”ノベルADV『最悪なる災厄人間に捧ぐ』スマホゲーム化で新規ファン急増中!?のページです。おたぽるは、ゲームスマホゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!