山下美月(乃木坂46)、“西野七瀬と敵対”にファン歓喜 『今年の主役』選出で注目度アップ

『電影少女2019』(テレビ東京)公式サイトより
 19日、人気アイドルグループ・乃木坂46の山下美月が、4月から放送開始予定の連続テレビドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-』(テレビ東京系)で主演を務めることが発表され、ファンから歓喜と祝福の声が殺到した。

 乃木坂46の元メンバー・西野七瀬が主演を務め、昨年1月期に放送された『電影少女 〜VIDEO GIRL AI 2018〜』(同)の続編にあたる同作。前作同様、人気コミック『電影少女』(集英社)の25年後の世界が描かれ、山下は西野と同じく、ビデオテープから実体として現れる“ビデオガール”役を演じる。

「山下が演じるマイは、原作では西野が演じたアイと敵対するキャラだったため、ファンからは、『共演シーンがあるかも?』との期待が寄せられているようです。また、原作者である人気マンガ家の桂正和いわく、マイは“純粋なビデオガール”であり、『まだ誰も演じたことのない難しいキャラクター』とのこと。山下にとっては今後の女優業を占う上でターニング・ポイントとなるかもしれませんね」(芸能関係者)

 今月12日に放送を開始した『神酒クリニックで乾杯を』(BSテレ東)では、ヒロイン役に抜擢されるなど、女優業で存在感を発揮しつつある山下。今月4日発売の情報誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)では“2019年の主役100人”に選出されるなど、注目度は高まるばかりだ。

「16年に3期生としてグループに加入した頃から、乃木坂46の将来を担う逸材だと注目されていた山下。昨年8月に女性ファッション誌『CanCam』(小学館)の専属モデルに抜擢されたことで、ファン層が一気に拡大したようですね。同誌の今月23日発売号では、自身初となるカバーガールを務め、『乃木坂46だけでなくCanCamでもエースに?』『芸能界でもトップクラスの売れっ子になるかも』などと、ファンの期待値も上昇しているようです」(同)

 西野からバトンを受けるカタチで『電影少女』の主役ゲットとなった山下だが、乃木坂46内でのエースの座も引き継ぎ、グループの勢いをさらに加速させることができるか。初のセンター抜擢も含めて今後の動向に注目集まる。

山下美月(乃木坂46)、“西野七瀬と敵対”にファン歓喜 『今年の主役』選出で注目度アップのページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

『ランドストーカー』だけでも買いだよ!
『子連れ狼』まで……