乃木坂46メンバーから総激怒される番組スタッフに嫉妬の嵐 井上小百合のガン付けに興奮するファン続出

テレビ愛知『乃木坂工事中』公式サイトより

 13日深夜に放送された、乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)において、スタッフがメンバー全員から大ブーイングをくらう場面があり、「羨ましすぎる」「そこ代わってくれ!」などと嫉妬するファンが続出した。

 この日の放送では、MC・バナナマンの設楽統と日村勇紀をそれぞれリーダーとして、乃木坂46が2チームに分かれてさまざまな対決を実施。今年の干支にちなみ、イノシシの被り物をしたメンバー3名が相手チームを追いかけ回す鬼ごっこを終えた際、スタッフが勝者チームを間違えてアナウンスをしたことで、全員がかわいらしく激怒する展開となった。

「このゲームは、一定の時間が経過するごとに鬼を1名ずつ増やしていき、相手チームを全員捕まるまでの時間を競い合うというもの。タイムウオッチがなくても登場した鬼役の人数で大体の時間はわかるため、勝敗が逆なのではないかと気づいたメンバーが抗議したところ、スタッフの凡ミスが発覚。ぬか喜びさせられた相手チームも含め、全員がスタッフにブーイングを浴びせましたが、その様子がキュートでしたから『こんなのご褒美でしかない』『握手会の代わりにメンバーから罵倒されるイベントを実施してほしい』などと、ファンから羨む声がネット上では相次ぎました」(芸能関係者)

 若手芸人ばりに全員が立ち上がり猛抗議する姿に設楽は、「みんなが真剣になってる証拠だよ」と称賛。特に迫力があったと指摘された“さゆ”こと井上小百合が改めてスタッフを睨みつける一幕があり、「さゆのガン付けたまらん」「ゾクゾクする」などと興奮するファンが続出した。

「“朝ご飯を食べているうちに昼がきた”という逸話があるほどのんびりした性格の井上だけに、珍しく感情をあらわにした姿にファンは歓喜したようですね。昨年12月に発売した写真集『存在』(光文社)では、『アルプスの少女ハイジ』の舞台となったスイスで念願のロケを行い、背景と同じくのどかな表情を見せていましたが、『激おこなさゆも最高』『ヤンキースタイルでグラビアに挑戦して欲しい』などと、新たな路線を期待する声も集まったようです」(同)

 井上は舞台を中心に女優業でも活躍しているが、乃木坂46での清楚なイメージを覆すような大胆な役への挑戦も期待したいところだ。

乃木坂46メンバーから総激怒される番組スタッフに嫉妬の嵐 井上小百合のガン付けに興奮するファン続出のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!