華山みおの物語探索その27

『メタモルフォーゼの縁側』(鶴谷香央理)好きになることに年齢は関係ない!同好の士にも年の差は関係ない!好きなものを共有できる喜びを教えてくれる作品!!

 共通の趣味をもつお友だちはいますか? 趣味のお友だちと、夢中になっておしゃべりをする時間ってとっても楽しいですよね。

今回は、そんな趣味のお友だちの尊さが染み渡る鶴谷香央理先生の漫画『メタモルフォーゼの縁側』をレビューします。

 以下、あらすじです。

■■■■■■■■■■■
 75歳の老婦人が出会ったもの、それは少年たちの恋模様

 亡き夫と通った思い出の喫茶店が閉店し、立ち寄った書店では料理本コーナーがいつもと違う場所に。 過ぎ去っていく時間に寂しさを覚えた時、彼女の目に止まったのは1冊のコミックス――。 75歳の老婦人と書店員の女子高生がBLを通じて織りなすのは、誰もまだ見たことがない日々でした。
■■■■■■■■■■■

 好きなものは、生活に潤いとパワーをくれます。

ジャンルは何であれ、誰しも何かひとつくらいは趣味ないしは、好きなものがあるのではないでしょうか。

 この物語の主人公2人の共通の趣味は「BL」です。

 75歳のおばあちゃん(市野井雪)と女子高生(佐山うらら)。自身の肉親でない限り、お友だちとして知り合うきっかけはそうそうないだろうこのふたりが、「BL」というたったひとつの共通点で楽しく交友関係を深めていきます。うららさんは雪さんから、雪さんはうららさんから、近い年齢の友だちからは得られない刺激を受けているのが伝わってきて、たまらなく素敵!! 

 女子高生うららさんは、思春期だし、学校での友人関係もうまく築けず、趣味を語れる人もいません。家の中でもBL本は誰の目にも触れないようにしまっている女の子です。

 うららさんくらいの年齢だとまだまだ世界を見る視野が狭く、どうしたらいいのか解決方法が分からなくて、一歩踏み出すのも勇気が必要です。でもうららさんの世界が狭いがゆえに、新しいジャンル(世界)を知るきっかけが多く、年齢的にも吸収が早いです。

 雪さんは大体のことは体験済みで、人生経験だって超豊富。歳を重ねたことでままならなくなるあれやこれに切なさを感じる中、出会った新しい世界に興味津々で突っ込んでいくかわいいおばあちゃんです。進んだらそのぶん視界が開け、ちょっとぐらい図々しくても大丈夫なことも知っています(もちろん本人の性格による部分も大きいですが)。

 そんなふたりが初めて同人誌即売会に行って、大好きな作家さんから本を購入して胸元に抱きしめて笑い合うコマがあるんですけど、そのシーンが本当にたまらなくて……。

 年の離れたふたりが、どっちも一緒に「初めて」を共有するんです。

 同じ気持ちを共有する、歓びを分かち合えるって奇跡ですよね。それが伝わってくる名シーンです。そうですよね。大好きな作家さんから直接購入できる即売会って本当に嬉しいし楽しいですよね。一緒に「嬉しい!キャー!」って言い合えるって嬉しいですよね。

 大人になって、知り合いはすごく増えたけど、好きなことを一緒に「キャー!」って言える友だちは増えていない気がします。基本的に私が好きなものは読書や映画など、個人で楽しめるものだからですかね。だからレビューを書いたりして、そこにリプだったり感想をいただけると最高に嬉しかったりします。

 同じ作品を同じタイミングで、同じ熱量で語れる人って貴重ですよね。

 SNSなどのバーチャルな世界での同好の士は各地にいても、カフェでお茶を飲みながら、イベントのアフターで、縁側で、同じ空間を共有して、時間を忘れるくらい好きな作品について語り合える友だちが欲しくなりました。

 昔のジャンルの友だちに久しぶりに連絡してみようかな。

 老人×BLという最初は「え?」と思った組み合わせだけど、好きになることに年齢なんて関係ないし、同好の士にも年の差なんて関係ない! と改めて気付かせてくれた素敵な作品です。これからのふたりのエピソードも楽しみです。

『メタモルフォーゼの縁側』(鶴谷香央理)好きになることに年齢は関係ない!同好の士にも年の差は関係ない!好きなものを共有できる喜びを教えてくれる作品!!のページです。おたぽるは、声優人気連載漫画アイドル&声優マンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

マンガ&ラノベ記事ランキング

鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!