2019年、誰もが“もう一つの肉体”を! 3Dアバターファイルフォーマット「VRM」の国際標準化へ、さらに一歩

2019年、誰もがもう一つの肉体を! 3Dアバターファイルフォーマット「VRM」の国際標準化へ、さらに一歩の画像1
『VRM – dwango on GitHub』より

 いよいよ2019年は、誰もが自分のもう一つの肉体=アバターを持つ時代になるのか。

 昨年12月、VR向け・3Dアバターファイルフォーマット「VRM」の国際標準化を目指す「VRMコンソーシアム」の発足が発表され、注目を集めている。

「VRMコンソーシアム」には、クリプトン・フューチャー・メディアやpixiv、ドワンゴなど13社が発起人として参加。今年2月に一般社団法人として「VRMコンソーシアム」を発足させるとしている。

 昨年、3Dアバターを使えるサービスが、飛躍的に増大した。しかし、まだフォーマットはアプリケーションやプラットフォームごとに仕様が異なるために、せっかく作ったアバターも限られたところでしか使えないのが実情。まだ、多くの人は理想的な自分の分身を作って眺めて楽しむ程度で止まってしまっている。

 すでに「VRchat」では、多くのアバターがセックスまで楽しんでいるわけだが、それを誰もが遊ぶにはまだまだ敷居が高いことは否めない。今後、標準フォーマットができれば、もっと間口は広がっていくことになるだろう。

 ただ、サービスが増加する中で、標準フォーマットを作成する動きは、必然のもの。VRに関わる企業が考えているのは、それをどうやって収益化するかだという。

「収益を上げるのは、標準化されたフォーマットを、どこで読み込んで遊ぶか。ユーザーが利用してくれる遊び場をどのように提供するかです。まず魅力的な遊び場を提供できるかどうかが成功のカギになるでしょう」(VRに詳しい関係者)

 昨年公開された映画『レディ・プレイヤー1』では、近未来の仮想現実が普及した世界が描かれた。作中に登場するような、さまざまな娯楽やビジネスを、ユーザーが作成したアバターを通して利用できる場……そんなものを生み出した企業が、覇権を握っていくことになるだろう。

 恐らく、ひとつのカギになるのはセックスであろう。すでに分身として異性のアバターを利用し、同化している人は多い。そして、その多くがアバターに性欲を抱く回路を開いている。そうしたアバターを通したセックスを「VRchat」なんかよりも、もっと簡易にできるようになったら、世界は激変するだろう。

 2019年には、きっとそうなると思っている。
(文=昼間たかし)

2019年、誰もが“もう一つの肉体”を! 3Dアバターファイルフォーマット「VRM」の国際標準化へ、さらに一歩のページです。おたぽるは、その他ホビーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
美少女ゲーム業界はどうなっちゃうの?
『翔んで埼玉』観た?