聖母・深川麻衣、川後陽菜(乃木坂46)の卒業イベントに降臨! 朝ドラ出演決定で躍進に期待

乃木坂46・川後陽菜公式ブログより
 12月19日、人気アイドルグループ・乃木坂46の川後陽菜が、元メンバーの“まいまい”こと深川麻衣とのツーショットを自身のブログにアップ。これを見たファンからは、「聖母降臨!」「乃木坂の公式ブログ内でまたまいまいの姿が見られるなんて嬉しすぎる!」などと歓喜の声が飛び交った。

 川後らとともに乃木坂46・1期生としてデビューし、2016年6月まで在籍した深川。グループ結成当時、長崎から上京したばかりで地理に不慣れだった川後を心配して毎朝登校に付き合うなど、慈愛に満ちた性格の持ち主として知られ、川後によって命名された“聖母”の愛称がファンの間にも浸透。

「投稿されたのは、16日に開催された川後の卒業トークイベント『ひなめろらんど』のオフショットのようです。川後は企画を立ち上げた段階で深川が必要だと感じ、『連絡したところ快く快諾してくれて実現出来ました。本当に優しい。有難い』とのことですが、深川は女優として多忙な毎日を送る身。それにもかかわらず2つ返事だったとのことで、『さすが聖母!』『川後ちゃんも惚れるわけだわ』などと、乃木坂46ファンからは称賛の声が相次いぎました」(芸能関係者)

 そんな性格の良さが滲み出た癒やし系のルックスとキャラクターが女優業でも重宝され、今年2月に公開された『パンとバスと2度目のハツコイ』で映画初出演にして初主演を飾るなど、順風満帆な様子の深川。さらに現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』への出演、そして来月からスタートする『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京系)で地上波連続ドラマ初主演が決まるなど、勢いは増すばかりだ。

「乃木坂46から卒業した時点では所属先が決定しておらず、ファンの間ではその後を危惧する声も少なくありませんでした。しかし、脱退から約3カ月後に女優として新たなスタートを切ってからは、映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍。今年、生駒里奈や若月佑美、西野七瀬などといった人気メンバーが卒業を決断した背景には、ソロでも十分通用することを深川がしっかり証明していることが発奮材料になっているのかもしれません。ファンの間では、ますますの活躍が期待されているようです」(同)

 以前、時代劇に出演することが目標だと語ったことがある深川。その願望が叶うのは恐らくそう遠くないことだろう。

聖母・深川麻衣、川後陽菜(乃木坂46)の卒業イベントに降臨! 朝ドラ出演決定で躍進に期待のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
歴史に残る珍作となりそうだけど大丈夫?
ちびまるこちゃんって何歳になっても観れるよね。