エロアニメで観るエロゲーの世界

伝説の鬱ゲー『螺旋回廊』 エロアニメで蘇るポリバケツ女!最後まで観る勇気はあるか?

 インターネットを介したいわゆるサイバー犯罪の検挙数は、警察庁が発表する統計(※参照)によると、年々減っている。その中の性犯罪となるとかなり緩やかになるが、こちらも減っている。その要因のひとつに、一般的に問題になりがちなわいせつ物頒布や、青少年保護についてなど、世間に理解が深まったこともあるだろう。

 インターネット犯罪を題材にした作品はいまでこそ多く見られるが、2000年前後ではまだまだ目新しいものであった。エロゲーでもそれは当てはまり、インターネットが世間に広がり始めたまさに2000年にrúfからリリースされた『螺旋回廊』は、インターネットの闇と犯罪をいち早く取り扱った鬱ゲーの名作として現在でも名を馳せている。2001年には『螺旋回廊2』が制作され、2002年にはピンクパイナップルよりエロアニメ化された。

 今回は少し古い作品となるがエロアニメ版『螺旋回廊』を紹介しよう。

 以下があらすじだ。

 ぼくが見つけた、闇のサイト「EDEN」。そこは何でもありのアングラサイト。“日常”を超えた“異常”な世界が展開する、剥き出しの欲望が無数に交わる場所。しかし、その瞬間から僕はただの傍観者ではなくなってしまった。

 いつのまにかEDENに足を突っ込んでしまったぼくのせいで、大学の教え子である水代葵や同僚の草薙香乃までもがEDENに巻き込まれ、凌辱されていく。ぼくは彼女たちを助けようとするが……。

 家に送りつけられてきたポリバケツ。それを開いたとき、ぼくは絶望する。EDENとは何なのか? 黒幕は誰なのか?

 簡単に言えば、EDENというアングラサイトで行われる性犯罪にヒロインたちが巻き込まれ、散々凌辱されてしまうという鬱ゲーとも凌辱ゲーとも取れる内容なのだが、当時はかなりリアリティを感じさせた。と言うのも、ゲーム内のメーラーやEDENのサイトデザインなどが、実際に存在するものと非常に近しいデザインだったからだ。エロアニメ版でもそれは踏襲されている。現在の観点だとチープに見えるかもしれないが、逆に時代をはっきりと感じさせ、そのチープが無慈悲で非人間的なストーリーにスリリングさを増加させている。

 話の展開は比較的原作に忠実だ。常に重苦しい暗い雰囲気を漂わせながらストーリーが展開され、EDENの黒幕は一体誰なんだ? とサイコミステリー仕立てにもなっているのが特徴だ。

 Hシーンはほぼ凌辱ではあるが、かなり豊富だ。2002年の作品ではあるが、致命的な作画崩壊もなく楽しめるだろう。ただ内容が内容なだけに、観る人を確実に選ぶ作品だ。女性に対する性暴力が苦手な方は強烈な嫌悪感を覚えるはず。だが、その手のジャンルが大好物な方にリアルさもあり、名作に化ける可能性も秘めている。

 そして忘れてはいけないのは、当時のエロゲーファンに衝撃を与えた屈指の鬱シーンである「ポリバケツ女」だ。もちろん今作でも忠実に再現されている。凌辱の限りを尽くされたヒロインたちは一体どうなるのか、EDENの結末をしっかりとエンドロールが終わるまで見届けてもらいたい。ちなみにエロアニメは2巻構成だが、いまは2巻まとめたゴールドディスク版が存在するのでそちらで鑑賞することをお勧めする。

(文=穴リスト猫)

【視聴はこちらをクリック!】

伝説の鬱ゲー『螺旋回廊』 エロアニメで蘇るポリバケツ女!凌辱の限りを尽くされた女のなれの果ては…の画像7

螺旋回廊 PREMIUM BEST
収録時間:60分

※画像の処理は編集部で入れたもの

関連記事
螺旋回廊

螺旋回廊

やる勇気はあるか?

伝説の鬱ゲー『螺旋回廊』 エロアニメで蘇るポリバケツ女!最後まで観る勇気はあるか?のページです。おたぽるは、人気連載アニメゲームエロゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!