作画崩壊で話題の『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』、無事(?)最終回を迎える 前半は神作画だったが……

作画崩壊で話題の『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』、無事(?)最終回を迎える 前半は神作画だったが……の画像1
『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』公式サイトより

 TVアニメ『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない(以下、いもいも)』(TOKYO MXほか)が、12月19日放送の第10話をもって最終回を迎えた。第1話から作画が崩壊し、「制作進行上の都合により」放送が延期される事態も発生していた『いもいも』。“作画崩壊アニメ”として注目を集めてしまっていた。

 第1話では、妹萌えアニメの元祖である『シスタープリンセス』とコラボ。『シスプリ』の妹たちが一挙登場したことで当時のオタクを歓喜させた『いもいも』だが、その第1話から「作画がやばい」といった指摘が相次いでしまうことに。主人公の妹でヒロインの永見涼花(CV.近藤玲奈)の作画がなかなか安定しないことから、“妹に萌えることができない”という、妹萌えアニメとしては致命的な状態も発生していた。

 ほかにも、涼花が持っていたスマホが一瞬でガラケーに変わったり、描く手間を少しでも削減するためなのか、横アングルが多用されまくる回もあった。また、スタッフロールに「正直困太」という、まるで制作スタッフの心の声を表したかのようなアニメーターの名前が発見されたことも。

 悲しいことに、作画崩壊のほうに注目が集まってしまっていた『いもいも』。最終回直前の第9話の作画もかなり崩壊しており、最終回の行方を気にする視聴者も多かったが、第10話は無事、予定通り放送されることに。

 最終回に注力するために、他の話数を切り捨てたんじゃないかと勘ぐってしまうくらい、最終回は比較的美麗な作画に復活しており、視聴者からも「いもいも最終回にて神作画」「いもいも最終回作画良いぞ!」といった声が上がっていた。ただ、後半からはやや力尽きてしまったのか、不安定な作画のシーンも……。それでも無事最終回まで放送されたことに「いもいも最終回、最後までいもいもだった」「よく完走したよ……」といった声、また「いもいも終わって寂しいよ」「ある意味伝説になったな……」という悲しみ(?)の声が上がっている。

 今年の作画崩壊アニメといえば、今年1月より放送されていた『メルヘン・メドヘン』の崩壊っぷりも記憶に新しいが、同作については、円盤でかなり修正を加え、美麗アニメへと復活。『いもいも』も円盤は華麗な復活を遂げるのか、またもや注目を集めそうだ。

作画崩壊で話題の『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』、無事(?)最終回を迎える 前半は神作画だったが……のページです。おたぽるは、アニメ話題・騒動の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
素人のWEB小説が原作とかじゃないよね…?
今はじめれば26連ガチャ無料!