『ちびまる子ちゃん』まる子の“おでん欲”が視聴者に伝染!? 「今日の夕飯はおでんにする!」

 12月16日放送のTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で、おでんガチ勢のまる子が話題に。今回もネット上で大反響が起こっていたので、ネット民の声と共に内容を紹介していこう。

 話題のエピソードは『まる子、おでんに情熱を燃やす』の巻。ある寒い日、まる子とたまちゃんは“おでん”の話題で盛り上がる。話しているうちにどうしてもおでんが食べたくなったまる子。家に帰ってお母さんにおでんが食べたいと伝えたが、残念ながらその日の夕飯は“カレー”だった。まる子が「私のお腹は学校にいる時からずっとおでんを求めてたんだよ!」と愚痴をこぼすと、「俺も今夜は何となくおでんでも食いてーなって思ってたぞ!」と賛同するヒロシ。さらにまる子とヒロシは「明日は絶対おでんだ!」と言って、翌日材料の買い出しへ行くことに。

 次の日、昼ご飯を食べ終えて、2人が向かったのは隣町にある“練り物屋さん”。ところがどこを探してもお店がまったく見つからない。北風も拭いてきて凍えるまる子に、ヒロシは「旨いおでんを食うためだ。頑張って探すぞ!」と気合いを入れて散策。町を歩くこと数分、ようやく練り物屋にたどり着いて“黒はんぺん・さつま揚げ・ちくわ”を購入できた。

 お目当ての物を買って次のお店へ急いでいると、突然どこからかおでんの香りが。近くに駄菓子屋があり、ヒロシはおでんの誘惑に負けそうになった。ここで視聴者が気になったのは、“駄菓子屋でおでん”が販売されていること。「おでんといえば静岡ってイメージがあるけど、まさか駄菓子屋に売ってるなんて!」「これは静岡県民あるあるですね」といった声が続出している。

 おでんの誘惑に打ち勝って、2人が次に向かったのは近所の八百屋さんとスーパー。たまごや大根などのメイン食材を買い、家に帰る途中で偶然にも花輪くんと遭遇する。花輪くんの家も夕飯はおでんの予定だったこともあり、花輪家のシェフが作った“信田巻き”を分けてもらえることに。こうして食材がすべて揃ったため、家に帰り、手分けしておでん作りを開始するさくら家。熱々のおでんが完成し、“家族で食べると格別に美味しい”と感じるまる子であった。

 さくら一家がおでんを食べている姿に、視聴者は感化されてしまった様子。「うちも今日の夕飯はおでんにする!」「無性におでんが食べたくなって、今から買い出し行ってきます」「ちびまる子ちゃんを見ておでんを食べたくなった人は私だけじゃないはず」「おでんが頭から離れなかったのでコンビニで買ってきちゃった!」と夕飯におでんをチョイスする人が続出している。

 この日の放送終了後、コンビニおでんの売り上げは大幅に上がっていたかもしれない?

『ちびまる子ちゃん』まる子の“おでん欲”が視聴者に伝染!? 「今日の夕飯はおでんにする!」のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
美少女ゲーム業界はどうなっちゃうの?
『翔んで埼玉』観た?