2018年ベストモバイルゲーム『Florence』ってどんなゲーム?

2018年ベストモバイルゲーム『Florence』ってどんなゲーム?の画像1
Google Play より

 12月6日(現地時間)にアメリカのロサンゼルスで「The Game Awards 2018」が開催された。今年の「ベストモバイルゲーム」を受賞したのは、『Florence』というアプリ。日本にもファンが多く、「確かにこのゲームは傑作だった」と納得する人も少なくない。

 同ゲームはグラフィック小説やウェブコミックにインスピレーションを得たインタラクティブ・ストーリーブックで、アクションゲームのような派手さはなくどちらかといえば“絵本”に近い。主人公はフローレンス・ヨーという女性で、終わりのない仕事ばかりの日々に行き詰まりを感じていた。しかしクリシュという名前のチェリストに出会うことで生活は一変。プレイヤーはミニゲームやエピソードを通して、フローレンスとクリシュの関係を追体験できる。

 そんな『Florence』は「The Game Awards 2018」で高く評価され、「ベストモバイルゲーム」を受賞しただけでなく「ゲームフォーインパクト」や「ベストデビューインディーゲーム」などにもノミネート。1人の女性の人生を描いたゲームが、世界中で大旋風を巻き起こした。

 日本でも評価が高く、ユーザーからは「ストーリーがとにかく最高! シンプルだけど深い」「ゲームじゃないと体感できない物語だと思う」「こんなに感情移入した恋愛ゲームは他にない」「人間の心情をパズルなどで表現するのは新しいと思った」「ただただエモい」といった声が。ゲームならではの新しい表現に心を奪われたようだ。

 また「音楽もすごい良かった」との声も。BGMを担当したのはオーストラリアの作曲家・Kevin Penkinで、3Dビジュアルノベル『Necrobarista』や、音ゲー界隈で評価が高い『Cytus II』などの楽曲を担当してきた。日本のアニメファンにとっては、“『メイドインアビス』の劇伴の人”の方が馴染み深いだろう。

 内容・グラフィック・BGMともに高クオリティーな『Florence』は、海外の大手メディアも大絶賛。「ワシントン・ポスト」や「タイム」、「ガーディアン」も同ゲームを今年のベストゲームに挙げている。

 近年世界のアプリゲームは「フォートナイト」や「PUBG MOBILE」などのバトルロイヤルが席巻している印象だが、その中で一際異彩を放つ『Florence』。普段はPvPばかりやっているゲーマーも、一度プレイしてみてはいかがだろうか?

2018年ベストモバイルゲーム『Florence』ってどんなゲーム?のページです。おたぽるは、ゲームスマホゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
美少女ゲーム業界はどうなっちゃうの?
『翔んで埼玉』観た?