『ちびまる子ちゃん』胃腸が弱いのに寒中水泳へ挑む山根に視聴者感動「心意気が凄い!」

 12月2日放送のTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で、頑張る山根の姿が話題に。今回もネット上で大反響が起こっていたので、ネット民の声と共に内容を紹介していこう。

 話題のエピソードは『山根、冬に負けない男になりたい』の巻。ある日、登校してくるやいなや、寒さのせいで朝から胃腸を弱らせていた山根。心配そうに山根の元へ駆けつけるまる子とたまちゃん。するとそこに、小杉が“寒中水泳大会”のチラシを持ってやってくる。大会に出ると“お汁粉”がもらえるため、「小学生も親と一緒なら参加できるらしいんだ! 泳いで冷え切った体に染み渡るお汁粉の旨さ……!」と景品目的で参加しようとする小杉。それを聞いた山根は「冬に負けない男になるにはもってこいじゃないか!」と寒中水泳大会への参加を決意した。

 翌日から大会に向けて、体力づくりのためにランニングをする山根と小杉。しかしその翌日には、小杉から「実は寒中水泳出られなくなっちまって……。同じ日に隣町の喫茶店で30分ケーキ食べ放題があるんだ!」と告げられてしまう。2人とも不参加かと思いきや、山根は「僕は冬に負けない男になるって決めたんだ。1人でも寒中水泳にでるよ!」とさらに意気込む。まる子は頑張る山根のために、応援用のうちわやパネルを作ることに。その日から山根は1人で特訓を開始。自宅のお風呂でも冷水を浴びようとしたり、乾布摩擦や走り込みをして徐々に自信をつけていく。

 ところが本番当日を迎えると事件が勃発。なんと山根のお父さんが風邪を引いてしまい、大会への出場はキャンセルに。山根だけでなく、応援に駆けつけたまる子やたまちゃんもショックで落ち込んでしまう。気を取り直して、大会には参加していないけど“お汁粉”を食べる一同。するとまる子から、落ち込む山根に“手作り頑張ったで賞メダル”がプレゼントされたのだった。

 今までにない頑張りを見せた山根に、ネット上では「1人でも参加するという心意気が凄い!」「胃腸が弱いのに、自ら海へ立ち向かっていくのがカッコいいわ」「あんなに頑張ったのに出られなくて可哀想だけど、あの頑張りは無駄にならなかったと思う!」と絶賛の声が続出。また、まる子に対しても「手作りでメダルとか作ってあげてて、めちゃくちゃ優しいな」「まる子が応援してくれる予定だったから、山根も頑張れたのかもね」といった反響が起こっている。

 大会には参加できなかったが、山根は強い男になれたのかもしれない。

『ちびまる子ちゃん』胃腸が弱いのに寒中水泳へ挑む山根に視聴者感動「心意気が凄い!」のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説