エロアニメで観るエロゲーの世界48

同人の凌辱輪姦ゲー『輪姦媚薬中毒』を完全エロアニメ化!ヒロインは生まれながらに肉便器!

『輪姦媚薬中毒』はpin-pointがリリースしたロープライスの同人エロゲーである。ジャンルとしては抜きゲーに該当するが、もっと分かりやすく言うと、タイトルにもあるように凌辱ゲー/輪姦ゲーだ。

 なんと全校生徒の1,428人に凌辱されるというとんでもない設定であり、ある意味、拷問ゲーとも言えなくもない。

 さて、そんな『輪姦媚薬中毒』だが、エロアニメ版が存在する。メディアバンクから前後編の全2巻でリリースされた。

 以下、簡単なあらすじである。

 ある日、主人公・斉藤幸夫の手元に一枚のDVDが送られて来た。その映像の中にはヒロイン・秋宮沙也香が、金持ち達の集う秘密の社交界で大人たちに玩具のように扱われ凌辱の限りを尽くされていた。そのDVDの送り主はなんと、沙也香の義父からだった。主人公は、沙也香がとある事情でもう何年も前から「社交界」の玩具として扱われていることを聞かされる。そして「素人の、変態的な嗜虐性を持った君に調教をお願いしたい」と言われ、その頼みを引き受けることに……。

 要は学園のアイドルが、実は汚い大人たちの手によって薬物中毒にされ、性奴隷となっていたことをエサに、主人公がヒロインをやりたい放題やり、やがて学園全体を巻き込んでの拷問凌辱に発展していくという物語だ。

 それにしてもヒロインの秋宮沙也香は不遇である。彼女はもともと性奴隷されるために孤児院から引き取られて育てられたという、生まれながらの肉便器なのだ。おまけに薬物中毒。彼女は薬が抜けると禁断症状が出てしまう。

 そんなヒロインを主人公は好き放題に乱暴した後、それを男子生徒に解放し、凌辱させる。と思ったら先生たちにも開放。最終的には全校生徒の性奴隷となり、女子生徒にもぺ二バンで乱暴される始末。

 それだけでは済まず、チアガールをやらされたかと思うと「フレーッ、フレーッ、チンポ!」と謎の応援させられ、もちろんその後は公衆の面前で犯される。主人公もやりたい放題だが、ストーリーもやりたい放題である。

 日常シーン以外ではだいたい絶頂しまくって白目をむくか、アヘ顔で失神寸前である。声優のヒマリの熱演には脱帽だ。

 設定があまりにも振り切りすぎているために、鬱アニメではないにしろ、人を選ぶ内容になっている。しかし、この手のハードなものが好きな方にはドンピシャだろう。ぜひ全校生徒の1,428人のひとりとなってもらいたい。
(文=穴リスト猫)

関連記事

同人の凌辱輪姦ゲー『輪姦媚薬中毒』を完全エロアニメ化!ヒロインは生まれながらに肉便器!のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューPCゲームゲームエロゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!