『未来にキスを』アニゲマ配信開始!メタエロゲーの問題作…君は最後までプレイできるか?

 人気イラストレーター・みさくらなんこつが原画を手掛け、2001年に「13cm」より発売された、『未来にキスを』がアニゲマにて配信開始となった。

 このところアニゲマでは難解なシナリオの古き良きエロゲー、例えば『フロレアール』や『sense off ~a sacred story in the wind~』など、が頻繁に配信開始されているが、『未来にキスを』もまた、それに該当する作品だ。発売当時から様々な考察が生まれ、人によってはこれは“神ゲー”と評し、あるいは“駄作”と評されてきた。

 『未来にキスを』はパッケージ詐欺的な一面があり、表紙の絵と「お兄ちゃん、ボクのこと、奴隷にして?」のキャッチコピーを見る限り、ほのぼの王道学園ものの純愛ゲーにしか思えない。ところがどっこい、ゲーム中盤からプレイヤーの斜め上をいく展開となる。

 まずは公式の紹介文を引用しよう。

「お兄ちゃん、ボクのこと、奴隷にして?」

 同居している従妹――霞にそんな風に言われたものの、あくまで普通の学生である主人公には、「奴隷」なんていう言葉がピンと来ない。

 霞はやる気だけはまんまんだけれど、何をしたらいいのかやっぱり判っていない。ただ判るのは、「お兄ちゃん」のことが好きだ、というただそれだけ。

 それでも、ぎこちなく肉体関係は始まった。不慣れなふたりは、色んなことを、お互いがお互いのことを好きだということだけを手がかりにして、ふたりは自分たちだけの奴隷生活を築いていく…。

 「奴隷」という言葉があるものの、ゲーム自体は凌辱ゲーでも抜きゲーでもない。

 先にプレイヤーの斜め上をいく展開と書いたが、最終ルートである「GENESIS編」までプレイを進めれば、全ての帰結を迎えることができる。しかし、その帰結を迎えるまでの個別ルートがかなりややこしく、哲学的であり、複雑な思考を持ったキャラばかりが登場する。

 『未来にキスを』のジャンルを説明するのであれば、『エロゲープレイヤーという「新しいヒト」のあり方を示したゲーム』である。決して楽しみながらプレイする作品ではない。提示された問題をひも解きながら、ていねいに思考していかなければならない。その先に迎える結末をどう判断するか、プレイヤーが試される非常に前衛的な作品なのだ。

 現在のエロゲーには少ないシナリオライターの主張が存分に盛り込まれた作品である。そういった意味で、エロゲーの変遷を知る上で重要なタイトルでもある。

 人を好きになるとはどういうことか。家族とは何か。こうしたことを哲学的に捉え、咀嚼していくのが好きなユーザーにはぜひ挑戦してもらいたい。あなたにとってこのゲームは神ゲーとなるか、駄作となるか――。
(文=Leoneko)

 

関連記事
オタサーの姫に告られた結果wwwww

オタサーの姫に告られた結果wwwww

みさくらなんこつ氏が原画。結構好きだった作品。

『未来にキスを』アニゲマ配信開始!メタエロゲーの問題作…君は最後までプレイできるか?のページです。おたぽるは、PCゲームゲームスマホゲームエロゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!