エロアニメで観るエロゲーの世界

Innocent Grey『カルタグラ』のエロアニメ版は、エログロ要素控えめのストリー重視で初心者でもとっても観やすい

 エロゲーを楽しむ一つの手法として、TVアニメを観るというのがある。最近でいえば『ワガママハイスペック』や『グリザイヤシリーズ』がエロゲー原作だ。TVアニメを観れば、何十時間もかけてゲームをクリアしなくても、そのストーリーや世界観を楽しむことはできるので、原作を身近に感じる手段としてはお手軽である。しかし、TVアニメだとどうしても表現に規制がかかってしまい、エロ描写は殺されてしまう。たとえ円盤化されてもHシーンをストレートになかなか描けない。

 しかし、エロゲー原作のエロアニメであれば、表現規制無し(と言っても当然モザイクはあるのだが)でゲームのストーリーや世界観を楽しむことができるのだ。しかし、エロアニメはハードな二次元オタであっても少々ハードルが高く、手が出しにくい。どこから手を出して良いのか分からないというの人が多いだろう。

 そこでおすすめなのが、ミルキーズピクチャーズ制作の『カルタグラ ツキ狂イノ病』だ。ミステリーをエロゲーに持ち込んで新境地を開いたInnocent Greyのデビュー作『カルタグラ ~ツキ狂イノ病~』が原作だ。エロアニメ版は2009年にリリースされ(※原作のリリースは2005年)、第一夜・第二夜と全二巻構成だったのが、2015年に1枚に収まったComplete Editionが発売されている。

 『カルタグラ ツキ狂イノ病』の一番の特徴はなんといっても原作と同じく、ミステリー調のストーリー重視作品であるということだ。エロアニメでありながらミステリーも楽しめる作品というのはなかなか存在せず、かなり稀有な存在と言える。

 では実際に内容はどうかと言うと、普通にプレイしても20時間はかかるゲーム原作を1時間弱にまとめているのだから、ミステリー要素は必要最低限に留まっている。また、原作の魅力のひとつであったサイコ要素、つまりグロさも薄くなっている。これだけ聞くと原作ファンは物足りなさを覚えるかもしれないが、肝心なエロシーンは比較的豊富だ。グロ強めの原作では流血量のほうが多かったが、アニメ版では血液よりも体液の放出のほうが明らかに多く、まさに“エロアニメ化”を体現している。昭和初期のノスタルジックな女性キャラとのHシーンは、なんとも言えない退廃的な気持ちを味あわせてくれる。

 ただ、原作のCGがあまりに美しいので、そのクオリティと比べてしまうとどうしても見劣りしてしまう。そもそも作画に難ありのシーンがいくつかあるのだが……。

 しかし、それを差し置いても原作にはないHシーンがあったりと、原作ファンにもそれなりに見所はある。原作を知らない人にとってはシナリオ重視作品ということで、アニメとしても楽しむことができ、『カルタグラ ツキ狂イノ病』はエロアニメ初心者にはおすすめの作品と言えるのだ。原作ファンもまた別の世界観を楽しむ感覚で観てはいかがだろうか。
(文=穴リスト猫)

Innocent Grey『カルタグラ』のエロアニメ版は、エログロ要素控えめのストリー重視で初心者でもとっても観やすいの画像2

カルタグラ ツキ狂イノ病

Innocent Grey『カルタグラ』のエロアニメ版は、エログロ要素控えめのストリー重視で初心者でもとっても観やすいのページです。おたぽるは、ゲームエロゲーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

XLサイズ……
XLサイズって想像できないだけど!!