デカい女子に萌える男子が増殖中!?“巨女”マンガが密かなブームに!

本と雑誌のニュースサイトリテラより、人気の記事をお届け!

■リテラ人気記事(一部抜粋)
浅野忠信と二階堂ふみの『私の男』に林真理子が「薄汚い父娘」と酷評

古舘伊知郎が懺悔告白“テレビはウソしか伝えていない”

河合隼雄も認めた!『思い出のマーニー』にうつ病治療のヒントが

■編集部オススメ記事はこちら!
デカい女子に萌える男子が増殖中!?“巨女”マンガが密かなブームに! – リテラ(7月20日)

kyojo_01_140720.jpg『富士山さんは思春期』(双葉社)

 巨女ブームが来る……。ネット界隈で、現れては消えていたこの噂が現実のものになろうとしているらしい。

 そもそも巨女とはなにかといえば、読んで字の如く巨大な女性のことである。マンガやアニメ、特撮に、昔からさまざまな作品に登場してきたが、あくまで脇役やワンエピソード出演であり、メインのストーリーに絡むことはあまりなかった。それがここにきて、「good!アフタヌーン」に連載中の『ウィッチクラフトワークス』(水薙竜/講談社)や、アニメ化が決定した『七つの大罪』(鈴木央/講談社)のように、巨女を主人公にしたり、メインキャラクターに据えた作品が増えてきている。一体、何が起ころうとしているのだろうか!? 

 しかし、一口に巨女といっても、そのサイズは様々。平均男性より大きい(180センチ)“マイクロ巨女”から、ウルトラの母(40メートル)クラスの“ウルトラ巨女”まで、その幅は広い。まずは、近年話題の巨女キャラクターを紹介しよう。

関連記事

デカい女子に萌える男子が増殖中!?“巨女”マンガが密かなブームに!のページです。おたぽるは、漫画マンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
『ランドストーカー』だけでも買いだよ!
『子連れ狼』まで……